【パリ共同】フランスのルドリアン外相は6日、前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告がフランスのパスポートで逃亡先のレバノンに入国したと伝えられたことを巡り「私が知る限り(フランスのパスポートは)使われていない」と述べた。ニュース専門テレビBFMの番組でインタビューに答えた。

 ゴーン被告が所持するフランスのパスポート2通のうち1通は弁護団が保管していたが、もう1通は鍵付きのケースに入れて本人が携帯。所持したまま逃亡したとみられる。

 ルドリアン氏は被告がフランスに帰国できるかどうかとの問いに対し「今のところ帰国の要請はない」と答え、可否については明言を避けた。