スイスのローザンヌを中心に開催される第3回冬季ユース五輪(9~22日)に参加する日本選手団の結団式が6日、東京都内のホテルで行われ、主将を務めるカーリング女子の田畑百葉が「冬季競技の魅力を世界に発信できるよう、常に全力で今大会に向かうことを誓います」と決意表明した。

 大会は原則15~18歳が対象で、日本は7競技に過去最多の72選手が出場予定。旗手を担うフィギュアスケート男子の鍵山優真は「早く試合がしたい。表彰台を狙っている」と話し、伊東秀仁団長は「(あと)200日に迫る東京五輪に勢いをつけられるよう、一丸となって戦っていきましょう」と呼び掛けた。