人手不足から自主的に時短営業を始め、別の理由で本部からフランチャイズ契約を解除されたセブン―イレブン東大阪南上小阪店(大阪府東大阪市)の元オーナー、松本実敏さん(58)が6日、オーナーとしての地位確認などを求める仮処分を大阪地裁に申し立てたと明らかにした。

 松本さんは取材に「契約の解除は不当だと訴えていきたい」と理由を説明した。セブン本部は顧客から松本さんの店舗への苦情が多いとして昨年12月31日付で契約を解除した。松本さんは店を明け渡さず31日と元日は休業し、1月2日から独自営業を始めた。

 松本さんは昨年2月に時短営業を開始した。