【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は5日、米航空機大手ボーイングの主力機「737MAX」が2度の墜落事故を起こし運航停止となった問題で、米連邦航空局(FAA)が同機の操縦士らに対し、特別な訓練を義務付けることを検討していると報じた。

 報道によれば、FAAは数カ月前までは運航再開の遅れにつながるなどとして別途訓練する必要はないとの考えだったが、最近になって方針転換。事故原因とされる「自動失速防止装置」の誤作動について、操縦士らが早く察知できるよう警告機能を見直すことも求めている。