保釈中の前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡した事件で、森雅子法相は6日、記者会見で「適正な出国手続きを経ずに不正な手段を使って出国するのは、不法出国の罪に当たる犯罪。誠に遺憾だ」と述べた。逃亡後、森氏が記者会見したのは初めて。法務省での会見には10社以上の海外メディアが出席した。

 ゴーン被告や海外から日本の司法制度が「人質司法」と批判されていることについては、森氏は「個人の基本的人権を保障しつつ、適正に運用されている。(ゴーン被告が)不正に出国したこととは別問題」と反論した。