プロ野球巨人からポスティングシステムで米大リーグ、ブルージェイズへの移籍が決まった山口俊投手が6日、那覇市内で自主トレーニングを公開し「新たな気持ちで、わくわく感が強い」と語った。

 ブルージェイズが昨年末に獲得を発表後、初めて姿を現した。巨人の若手らを率いてダッシュなどを行い、大リーグの公式球でのキャッチボールにも取り組んだ。先発、救援の豊富な経験が強みの32歳の右腕は「1年間、メジャーの舞台で投げ続けるのが目標」と意気込んだ。

 昨季は15勝4敗、防御率2・91。最多勝、最多奪三振、勝率1位のタイトルを獲得した。