日本テレビ系で放送された第96回東京箱根間往復大学駅伝の関東地区の平均視聴率が、2日の往路は27・5%、3日の復路は28・6%だったことが6日、ビデオリサーチの調査で分かった。日テレによると、往復の平均視聴率は28・1%で歴代9位だった。

 瞬間最高視聴率は、往路が3位争いの東京国際大と東海大がゴールするなどした二つの場面で31・9%、復路が早稲田大、駒沢大が7位争いをしていた場面の34・1%だった。関西地区の平均視聴率は2日が16・8%、3日が18・1%。

 往路を制した青学大が2年ぶり5度目の総合優勝を果たした。復路は東海大がトップとなった。