新春恒例の東京消防庁の出初め式が6日、東京臨海広域防災公園(東京都江東区)で開かれた。同庁によると、消防職員や消防団員ら計約2100人のほか、台湾・新北市の救助隊員が参加した。

 安藤俊雄消防総監はあいさつで、東京五輪・パラリンピックに向け宿泊施設や繁華街の安全向上のため立ち入り検査を進めると述べた。

 式では、テロリストが建物を爆発させ、化学物質をまいた上、トラックで暴走したとの想定でけが人の救助訓練を実施。高層建物に取り残されたり、倒壊した建物の下敷きになったりしたとされる人たちを救出した。

 江戸時代の「火消し」文化を伝える伝統のはしご乗りも披露された。