前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した事件に絡み、被告が米動画配信大手ネットフリックスと契約したとする海外メディアの報道について、ネットフリックスの日本の広報担当者は6日、「特にゴーン氏と作品に関する契約はありません」と否定した。

 フランス紙ルモンド電子版は、ゴーン被告が数カ月前にネットフリックスと独占契約していたと伝えていた。