【ホノルル共同】米ハワイで強化合宿中の柔道日本男子は5日、ホノルル市内の高校で地元の子どもから大人まで約120人を対象に柔道教室を開き、73キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの大野将平(旭化成)らが乱取りなどを通して技術指導をした。

 60キロ級で世界王者3度の実績を誇る高藤直寿(パーク24)は笑顔で子どもと組み合い「(代表チームでは)練習や試合ばかりで、なかなかない機会。いい体験ができた」と充実感をにじませた。

 これに先立ち、チームはハワイの柔道協会が主催した昼食会に出席。地元の料理に舌鼓を打ち、東京五輪に向けて激励された。