【ワシントン共同】トランプ米大統領は5日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に関し「私との約束を破るとは思わないが、破るかもしれない」と述べた。大統領専用機で記者団に語った。米朝間の非核化合意の白紙化に加え、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射再開に踏み切る恐れがあるとの懸念を示したとみられる。

 米朝交渉の行き詰まりから、金正恩氏は昨年末に開かれた党中央委員会総会で「新たな戦略兵器」を予告した。米朝対話の余地は残したものの、緊張が高まっている。

 トランプ氏は昨年12月31日、予告を受け、金正恩氏との関係は良いと強調した。