【ソウル共同】韓国国会(定数300)の議員8人や支持者が5日、新党「新しい保守党」の結党大会をソウルの国会議員会館で開いた。議員らは既存の保守系野党「正しい未来党」を脱党して新党に合流。4月の総選挙をにらんだ政界の動きが活発化している。

 総選挙は2017年5月に発足した文在寅政権への審判となる。保守系野党が増えることにより保守票が分散し、与党「共に民主党」に有利に働くとの見方も出ている。

 「新しい保守党」には大統領選で文氏に敗れた劉承ミン議員も参加。劉氏は大会で、総選挙では80議席に勢力を拡大するとの目標を掲げた。