【ホノルル共同】柔道の日本男子は4日、米ハワイでの強化合宿をスタートし、2016年リオデジャネイロ五輪73キロ級覇者で昨年世界王者の大野将平らが稽古に励んだ。大野は「覚悟を持って挑戦する1年になる。どんな場所であっても、自分のやるべきことをしっかりやる」と強い決意を語った。

 ホノルル近郊の教会内にある体育館に畳を敷き、地元の選手約20人も参加。打ち込みや寝技を中心に約2時間、汗を流した。

 選手は稽古前、ワイキキビーチ近くでカヌーに挑戦。オールを約1時間こぎ、背中や肩を重点的に使う慣れない動きに苦戦しながら笑顔を見せた。