ヤクルトのドラフト1位新人、奥川恭伸投手(石川・星稜高)が5日、埼玉県戸田市の寮に入った。小学校から星稜高までバッテリーを組んだ巨人ドラフト5位の山瀬慎之助捕手と一緒に描かれた似顔絵を持ち込み「いよいよだという楽しみな気持ちと、分からないことがたくさんある気持ちと半々」と初々しい笑顔で語った。

 150キロを超える速球と制球力を併せ持ち、昨夏の甲子園大会では石川県勢最高に並ぶ準優勝に貢献。ドラフト会議では3球団が競合した。「石川を出てくる時は、これまで何げなく見ていた景色が違って見えてさみしかった。でも早く新生活に慣れて野球に打ち込みたい」と目を輝かせた。