体操の世界選手権男子団体総合銅メダリスト、18歳の橋本大輝(千葉・市船橋高)が4日、同校で報道陣に練習を公開し「まず(今春の五輪)代表選考で結果を残すことが大事。金メダルを取るため、これまでやってきたことをぶれずにやりたい」と語った。

 Dスコア(演技価値点)を上げるため、床運動ではG難度の「リ・ジョンソン(後方抱え込み2回宙返り3回ひねり)」の習得に取り組んでおり「すごく手応えはある。五輪の個人総合でも金メダルに届くくらいやっていきたい」と話した。

 世界選手権で主将を務めた神本雄也も練習を公開し「最後は笑っていられるようにしたい」と力を込めた。