東京地検は、保釈中にレバノンに逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)が使用していたパソコンや被告の面会記録の任意提出を弁護団に求めた。弁護団の弘中惇一郎弁護士が4日、明らかにした。検討して提出に問題ないと判断すれば応じる予定。地検から弁護人への事情聴取の要請はないという。

 弁護団は同日、逃亡後初めて東京都内の弁護士事務所に集まって会議を開き、近くレバノンの弁護士を通じて、ゴーン被告本人への連絡を試みることを確認した。被告の意向を確認した上で弁護人を辞任する方針。