【ワシントン共同】トランプ米大統領は3日、南部フロリダ州マイアミで、支持層のキリスト教右派、福音派の集会を開催した。福音派の有力誌が昨年12月、弾劾訴追を受けて大統領罷免を求める論評を掲載したことで波紋が広がっている。トランプ氏は集会で右派政策を相次ぎ誇示し、支持つなぎ留めを図った。

 保守派裁判官の任命、妊娠後期の中絶禁止の法制化、銃所持の権利擁護、親イスラエル政策―。トランプ氏は集会で、これまで掲げてきた保守派寄りの政策を列挙し、11月の大統領選に向けてアピールした。