経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は31日、独立系投資顧問会社いちごアセットマネジメントから最大1008億円の金融支援を受けることで最終合意したと発表した。今回の大型支援によって債務超過を解消する。

 JDIの菊岡稔社長は記者会見で「懸念事項がほぼ解消できる見通しが立った。再生をいちごアセットマネジメントの力を借りて果たしていく」と述べた。

 3月末の払い込み完了後に、いちごアセットのスコット・キャロン社長がJDIの会長に就任する。キャロン氏は「技術力、人材力は落ちていない。過去と決別して、前向きに進むことが大事だ」と述べた。