れいわ新選組は31日、2020年の活動方針を党のホームページで公開した。7月5日投開票の東京都知事選には、都政転換のために「積極的に参加する」と明記。独自候補の擁立か、他の野党との共闘を目指す考えを示した。次期衆院選には「消費税を5%に減税」という共通政策で合意できた場合に限り野党共闘で臨み、実現しなければ小選挙区に独自候補100~131人の擁立を目指すとした。

 都知事選に向けて、小池百合子知事の都政運営に反対姿勢を明確にした。山本太郎代表は自身の立候補について「選択肢としては排除しない」と繰り返し表明している。