ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)男子札幌大会は31日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)で個人第17戦の予選が行われ、小林陵侑は132メートルを飛び、128・9点でトップ通過した。47歳の葛西紀明は55位で落選した。

 佐藤慧一は8位、佐藤幸椰は18位、小林潤志郎は22位、中村直幹は23位、栃本翔平は34位、二階堂蓮は38位、竹内択は40位、岩佐勇研は45位で通過した。

 伊東大貴と渡部弘晃はスーツの規定違反で失格となった。