東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の処分方法などを検討する政府小委員会は31日、海洋放出の利点を強調しながら大気放出との2処分方法が現実的とする提言案を大筋了承。小委での議論は終結し今後、政府が放出の可否を判断するが、方針決定の時期や具体的手順は未定だ。

 記者会見した小委委員長の山本一良・名古屋学芸大副学長は「地元をはじめとした関係者の意見を聴いた上で方針を示してほしい」と政府に求めた。

 提言案は、海洋と大気への放出を「現実的な選択肢」と評価。海洋については、放射線監視体制の構築や放出設備の設計、運用が容易だとして「より確実に処分できる」とした。