将棋の渡辺明棋王(35)に本田奎五段(22)が挑戦する第45期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第1局は、1日午前9時から金沢市の北國新聞会館で指される。渡辺棋王は8連覇を目指し、新鋭の本田五段はタイトル初挑戦で奪取を狙う。

 これまで両者の対戦はなく、本局が初手合。渡辺棋王は王将、棋聖との三冠を保持、名人挑戦も決めており、好調を維持している。

 本田五段はプロ入りから史上2番目となる1年4カ月の速さで、タイトル戦に出場。若者らしい思い切りのよさで、7連覇中の棋王に挑む。

 第1局は振り駒で先後を決める。持ち時間は各4時間で、同日中に決着する予定。