ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングス(千葉県松戸市)とココカラファイン(横浜市)は31日、2021年10月に経営統合すると発表した。売上高は1兆円規模となり、ツルハホールディングスなどを抜いて業界トップになる。昨年8月から統合に向けた協議をしていた。

 インターネット通販との競合や人手不足による人件費の上昇で経営環境が厳しさを増しており、統合によるコスト削減で生き残りを図る。ココカラには同業のスギホールディングス(愛知県大府市)も昨年、統合を打診した経緯があり、今後も再編の動きが加速しそうだ。