日本ボクシングコミッション(JBC)による処分を巡り、元世界王者の亀田興毅さんら3兄弟側が、JBCと理事長らに総額約6億6400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は31日、計4550万円の支払いを命じた。

 判決によると、兄弟の次男大毅さんの世界戦を巡るトラブルで、JBCは2014年2月、亀田ジムの会長と、マネジャーの資格更新を認めない決定をした。これにより、3兄弟は国内で試合ができなくなった。

 谷口安史裁判長は判決で「JBCの処分は裁量権を逸脱し違法だ」と指摘。前年のファイトマネーを基準に賠償額を決めた。慰謝料請求は退けた。