政府は30日夜、新型コロナウイルスによる肺炎感染が拡大する中国湖北省武漢から邦人を帰国させるためのチャーター機第3便を羽田空港から派遣した。武漢の空港で邦人を乗せた後、31日午前に帰国する予定。外務省幹部は第4便は来週以降になるとの見通しを示した。

 第3便には、邦人のうち武漢市内に滞在し、すぐに帰国したい約150人を搭乗させる段取りを描く。チャーター機を運航する全日空は第3便以降、中国から戻る際、客室乗務員が機内で防護服を着用すると明らかにした。第1便で症状がないのに陽性反応が出た帰国者がいたのを踏まえた。