イタリアの高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」(D&G)の日本法人で社長を務めていた男性が、D&G本社の幹部を名乗る人物の偽メールにだまされて大金を送り、日本法人が損害を受けたとして男性に賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、ほぼ請求通り約3億円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は2017年11月、D&G本社の経理部長を名乗る人物から英語のメールを受け取った。「中国での株取引に関する税務上の理由で日本法人からの送金が必要になった」との内容で、男性はこれを信じて指定の口座に送金するよう部下に指示。計約380万ドルを送った。