四国電力の長井啓介社長は30日の定例記者会見で、トラブルが続く伊方原発(愛媛県伊方町)に関し、トラブルの原因究明を待たずに、3号機の運転禁止を命じた広島高裁の仮処分決定に異議を申し立てると説明した。申し立ての具体的な時期は明示しなかった。

 四国電はトラブルの続発を受け、原因を究明し対策を練るまで3号機の定期検査を中断する。長井氏は「申し立ては広島高裁の決定に承服できない意思を示すもの。定検の再開とは切り離して考えている」と説明した。

 長井氏は「電力を安定供給するために原発は必要」と強調。伊方原発を繰り返し訪問して所員たちと直接対話する意向も明らかにした。