宮内庁は30日、上皇さまが29日夕、住まいの皇居・吹上仙洞御所で一時意識を失い、倒れられたと発表した。宮内庁病院で30日午前に頭部MRI検査を受けた結果、原因となる所見は見つからなかったという。上皇さまは86歳。

 宮内庁によると、上皇さまが意識を失って倒れた際、そばにいた上皇后さまが支え、非常ブザーで侍医を呼んだ。侍医が駆け付けた際も上皇さまは意識がなく、いびきのような息づかいをしていた。しばらくして意識が戻り、寝室に運ばれ、処置を受けたという。30日朝は、いつもと同様に朝食を取った。

 上皇さまは昨年7月にも吹上仙洞御所で、一時強い脳貧血の症状が出た。