【ワシントン共同】トランプ米大統領は29日、ツイッターで、ボルトン前大統領補佐官が近く出版予定の著書について「不誠実で真実ではない」と攻撃した。ウクライナ疑惑を巡る弾劾裁判で、トランプ氏に不利な内容が書かれている。野党民主党のボルトン氏の証人尋問要求に、一部の与党共和党議員が同調の姿勢を示しており、阻止に躍起となっている。

 米紙によるとボルトン氏は新著で、トランプ氏がウクライナへの軍事支援再開の条件として政敵バイデン前副大統領(民主党)の調査を同国に求めたいと話したのを直接聞いたと指摘。疑惑を全面否定するトランプ氏と食い違っている。