柔道の日本男子が3日、今年最初の強化合宿を実施する米ハワイへの出発前に成田空港で取材に応じ、66キロ級で一昨年まで2年連続世界一の阿部一二三(日体大)は「すごくわくわくしている。自分が本当に輝けるのか。今年一年を想像すると楽しみだ」と新年の心境を語った。

 練習環境が充実した国内での合宿が多い柔道日本勢にとって、海外での強化合宿は異例の試み。メンバーは2016年リオデジャネイロ五輪73キロ級金メダルで世界王者の大野将平(旭化成)ら東京五輪代表候補の約15人に絞り、温暖な気候の下で体力づくりに励む。