【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第10日は29日、メルボルンで行われ、男子シングルス準々決勝でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がスタン・バブリンカ(スイス)を1―6、6―3、6―4、6―2で下し、四大大会で初の4強入りを果たした。

 昨年準優勝で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)がドミニク・ティエム(オーストリア)に6―7、6―7、6―4、6―7で敗れた。

 女子シングルス準々決勝でシモナ・ハレプ(ルーマニア)がアネット・コンタベイト(エストニア)を6―1、6―1で退け、2年ぶりの4強入り。四大大会で2度優勝を誇るガルビネ・ムグルサも勝った。