日本相撲協会審判部は29日、東京・両国国技館で大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、貴景勝の1大関となるため、横綱が大関を兼ねる「横綱大関」を番付表に記載することを確認した。1982年初場所の西横綱北の湖以来38年ぶりで、この時は琴風の1大関だった。西大関不在の場合、西横綱が「横綱大関」になる。

 江戸時代から小結、関脇、大関の三役は欠くことができないため、大関不在の場合は横綱が大関を兼ねる。1955年の3場所を除き、東西で大関が空位になった側の横綱は「横綱大関」と併記されている。