阪神の1軍キャンプに参加する若手選手中心の合同自主トレーニングが29日、キャンプ地の沖縄・宜野座で始まり、先発ローテーションを目指す3年目左腕の高橋が、ブルペンで52球を投げ込んだ。「強い球がいっていた。あとは細かいところを直していければ」と充実感をにじませた。

 昨季はシーズン途中から先発に定着したが、3勝9敗に終わった。「変化球を投げ切れないことがたくさんあった。しっかり修正していきたい」と課題の克服にも励んでいる。

 不振からの脱却を期している藤浪は、正捕手の梅野を相手に直球と変化球を交えて50球を投げ「いい感じ」と手応えを口にした。