大相撲で引退した元大関豪栄道の武隈親方(33)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=が記者会見に臨んだ29日、親方衆からねぎらいの言葉が相次いだ。

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は看板力士が去り「本当にお疲れさまと言いたい。全勝優勝した時は上(横綱)に上がれると思った。苦しかったと思うが、大関の責任を全うした」とたたえた。

 元豪栄道と同様、大きくはない体で3度の優勝を果たした玉ノ井親方(元大関栃東)は「まだまだできるんじゃないかと思うが、精神的にも限界だったのだろう」と心中をおもんぱかった。