LINE(ライン)が29日発表した2019年12月期連結決算は、純損益が468億円の赤字となり、前期の37億円の赤字から大幅に悪化した。戦略事業に位置付けるスマートフォン決済の利用拡大に向けた販促費用や人工知能(AI)の開発などに向けた先行投資が重荷となった。

 売上高に当たる売上収益は前期比9・8%増の2274億円だった。このうち主力の広告事業が1248億円となった。アプリ上に広告を出す企業が増え収入が伸びた。

 日本やタイなど主要4カ国での無料通信アプリの利用者は1億6400万人(12月末時点)で前期から横ばいだった。