【メルボルン共同】テニスの全豪オープン車いすの部は29日、メルボルンで行われ、男子シングルス1回戦で2年ぶりの優勝を狙う第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)がニコラ・パイファー(フランス)を6―4、6―4で下し、4強入りを果たした。

 女子シングルス1回戦で3年ぶりの頂点に挑む第2シードの上地結衣(三井住友銀行)がジョーダン・ホワイリー(英国)を6―2、7―6で退け、準決勝に進んだ。3連覇を狙った第1シードのディーデ・デフロート(オランダ)が中国選手に敗れる波乱があった。