【パリ共同】日産自動車と企業連合を組むフランス自動車大手ルノーは28日、取締役会を開き、新たな最高経営責任者(CEO)に、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下のスペインのセアトで社長を務めていたルカ・デメオ氏(52)を指名した。7月1日に就任する。

 ルノーは昨年10月にカルロス・ゴーン前会長体制下でナンバー2だったティエリー・ボロレCEOを解任し、後任選びを進めていた。ジャンドミニク・スナール会長は声明で「新たな経営体制となることを喜んでいる。ルノーと(日産、三菱自動車との)連合にとり、決定的な節目となる」と強調した。