28日午前10時10分ごろ、大阪府熊取町の京都大複合原子力科学研究所の施設で、「煙が充満している」と警備員から119番があった。府警泉佐野署によると、けが人はいない。研究所や地元消防によると、煙はすぐに収まった。施設から放射性物質が漏れたとの情報は確認されていない。

 煙が確認されたのは実験設備がある3階建て施設で、研究用原子炉などがある建物ではない。実験のため1階の加速器の電源を入れたところ、部品が発熱した。何らかの原因で冷却用設備が正常に作動せず、発煙したとみられる。

 午前9時40分ごろに火災報知機が鳴り、研究員らが加速器の電源を切ると煙は収まった。