発達した低気圧と上空に流れ込んだ寒気の影響で関東甲信は27日夜から山沿いのほか平野部でも雪が降った。関東北部の山沿いは28日夜から29日明け方にかけて大雪の恐れがあり、気象庁は交通障害や路面凍結、雪崩、電線や樹木への着雪に警戒を呼び掛けている。

 また関東は28日夜遅くから29日明け方にかけて1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る恐れがある。雨雲の発達・停滞した場合は警報級の大雨になる可能性もあり、土砂災害、低地の浸水などにも警戒を求めている。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が四国沖を東北東に進み、29日朝以降、関東の東海上から三陸沖に達する見通し。