【ニューヨーク共同】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は27日、電気自動車(EV)のピックアップトラックを来年後半から米中西部デトロイトの工場で生産すると発表した。同社初のEVトラックとなる。米メディアによると、車名には「ハマー」が冠される見通しで、かつての人気ブランドの復活が取り沙汰されている。

 GMはEVトラックの生産に備え、総額30億ドル(約3270億円)を投じる。同工場をEV専用に刷新するほか、部品メーカーへの設備投資なども行う。傘下のベンチャーが開発した自動運転のEV「クルーズ・オリジン」も生産する計画だ。