関西電力は27日、定期検査中の高浜原発3号機(福井県高浜町)で、プルサーマル発電で使用したプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料1体を原子炉から取り出し、使用済み核燃料プールに移したと明らかにした。同日中にもう1体を移す。使用済みMOX燃料の取り出しは、15日に終えた四国電力伊方3号機(愛媛県伊方町)に続き国内2例目。

 1体は午後0時22分に取り出し始め、約20分かけて原子炉近くのプールに運んだ。原子炉内の燃料集合体157体のうちMOX燃料は28体あるが、今回の定検では2010年12月から使用していた8体を今月29日までに順次取り出す。