オウム真理教による地下鉄サリン事件から3月で25年になるのを前に、公安調査庁は、教団が起こした事件や現在の活動状況を伝える動画「あのテロ事件から四半世紀~今も変わらないオウム真理教~」を作成し、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開している。

 公安庁によると、教団は「アレフ」など三つの後継団体に分かれて活動中。「教団の体質は変わっていない。動画を通し多くの人に知ってもらうことで、風化を防止したい」としている。

 約3分の動画では最後に「オウム真理教。それは遠い昔の話ではない。現在進行形の問題だ」と結んでいる。