【イスタンブール共同】トルコ東部で24日夜に発生した強い地震で、政府当局は26日、建物の崩壊などによる死者が36人、負傷者は1600人超となったと発表した。一方、救助活動により40人以上が、がれきの中から助け出された。発生から約24時間後には2歳女児が、さらに約4時間後にその母親が救出された。

 地震の被害は東部マラティヤ県と、隣接するエラズー県に集中。政府当局によると、70以上の建物が完全に崩壊したほか、600以上が大きな被害を受けた。夜には気温が氷点下にまで下がる寒さの中、救助活動が続いた。