【パリ共同】空手のプレミアリーグ今季開幕戦のパリ大会第2日は25日、パリで行われ、形男子で東京五輪代表が確定している喜友名諒が決勝に勝ち上がった。本一将は3位決定戦に回った。

 組手は、男子84キロ級の荒賀龍太郎が準決勝でトルコ選手を下して決勝に進出。同84キロ超級の香川幸允は初戦の2回戦で敗れて敗退した。女子68キロ級の染谷香予は準決勝で敗れて3位決定戦に回った。同61キロ級では森口彩美が2回戦で敗れた後、敗者復活戦に回り、染谷真有美は1回戦で敗れて敗退した。

 各種目の決勝、3位決定戦は26日に行われる。