米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が24日、古巣プロ野球楽天が本拠地を置く仙台市の東宮城野小を訪ねた。同校は東日本大震災で被害を受けた同市の荒浜小の児童を受け入れていた。小学校訪問で震災を風化させない活動に取り組んできた田中は「こういったことを長く続けていけるように」と語った。

 元同僚の楽天の則本昂大投手らも参加した。児童たちとは体育館でキャッチボールなどをしたあと、給食を共にした。田中は終始笑顔で「子どもたちが本当に元気そうだった。心から一緒に楽しめた、いい時間。子どもたちの活力になってくれたらありがたい」と述べた。