【ローザンヌ(スイス)共同】原則15~18歳が対象の第3回冬季ユース五輪最終日は22日、スイスのローザンヌで閉会式が行われ、14日間の大会が閉幕した。日本勢は他国との混成チーム種目を含め、金12、銀10、銅2の計24個のメダルを獲得。金メダル、メダル総数ともに過去最多となった。日本として獲得した金メダルは9個だった。

 次回の第4回大会は2024年に韓国北東部の江原道で開催され、18年平昌冬季五輪の会場を活用する計画。国際情勢を見極めながら北朝鮮側の参画も模索する。