【マイアミ共同】米プロバスケットボールNBAのウィザーズのブルックス監督は22日、鼠径部を負傷して欠場中の八村塁について「全ての動作をしてもいいことになった。とてもいいニュース」と明らかにした。

 チームは同日のヒート戦に備え、午前に軽めに練習。八村は故障後初めてフル参加し、明るい表情でシュート練習などに励んだ。戦列復帰は2月以降になると明言している同監督は「これから練習に参加して試合に出られる状態になるよう調整していく。(2月半ばの)オールスター戦前に戻れれば最高だが、誰にも分からない」と話した。