21日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円近辺で取引された。

 午後5時現在は前日比15銭円高ドル安の1ドル=109円97~98銭。ユーロは19銭円高ユーロ安の1ユーロ=121円98銭~122円02銭。

 日本を含むアジア主要国の株価が下落した影響で、円買いドル売りが広がった。外為ブローカーは「世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でのトランプ米大統領の発言を前に、積極的な取引を控える動きもあった」と指摘した。