警視庁西新井署は2日、出産したばかりの女児を自宅に放置して死なせたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで、東京都足立区西新井、アルバイト従業員池田知美容疑者(31)を逮捕した。

 西新井署によると、池田容疑者は1人暮らし。昨年12月28日朝に自宅浴室で出産し、女児が弱っていることを認識しながら放置し、仕事で外出を繰り返していたという。「病院に連れて行くお金がなかった。相談する人もいなかった」と供述している。

 逮捕容疑は、昨年12月28日ごろから30日ごろにかけ、女児に必要な医療措置を受けさせず、今年1月1日に死亡させた疑い。女児の体重は約1350グラムだった。