2019年の大みそかに放送されたNHK紅白歌合戦で、トリを含むヤマ場の第2部(午後9時から2時間45分)の関東地区平均視聴率(総合テレビ)は37・3%だった。ビデオリサーチが2日発表した。前年比4・2ポイント減で、2部制となった1989年以降で最低だった。

 これまで過去最低は15年の39・2%。昨年の大河ドラマ「いだてん」も過去最低を更新した。多額の予算を投じた看板番組の不振が続き、NHKにとって痛手となる。

 関西地区の第2部平均視聴率は36・2%(前年比4・3ポイント減)。

 前半部分の第1部は、関東が34・7%、関西は31・9%だった。